Elephant – Zoologist

Elephant

調香師は Chris Bartlett。Beaver の調香師でもあります。

まずトップのグリーンが思わずたじろぐほど強烈で、ティー特有のまろやかさが緑の密度をあげているように思えます。このティーの雰囲気は Macaque に似ています。

同時にココアとココナッツミルクがふわっと甘く香るのですが、そこからの約2時間は、このパウダリーな甘さとフレッシュなグリーンのコンビネーションが、不思議と、蒸されるような森林の熱気を感じさせます。

ムエットではとてもアニマリックな印象だったのですが、肌の上ではそのようなことはなく、グリーンが落ち着いてきても、ムスク云々というよりはウッディな香りになっていきます。

このとき、グリーンとココア/ココナッツミルクとウッディのバランスが整って、端正な香りに感じられます。少しシプレのようで、フォーマルでも通用しそうです。トップの印象でチャレンジ精神旺盛な香水かと思ったら、ここにきて使える感を出してくるあたりグッときますね。


というわけでズーロジストのディスカバリーセット13本について書いてきました。Bat のように野心的なものから Hummingbird のように美しく香るものまであって、バラエティ豊かでしたね。

ブランドの創設者である Victor Wong は香水のコレクターだそうです。製品はすべて彼の発案によるものですが、彼のインタビューを読みますと、調香が男性的になりすぎないように(ズーロジストの香水はすべてユニセックスです)指示を出したり、パンダやビーバーの調香を新しくするように決めたりと、細かい点まで彼の意思が反映されているようです。

さて、フルボトルはどれを買うか迷うところですね。。

Zoologist